総量規制と不動産担保融資について

現在2010年の法施行に伴って貸金業法が改訂され個人向けの貸付は収入の三分の一を超える金額を借りる事が出来なくなりました。

これによって年収が900万円の方が借りる事が可能な金額は300万円未満となり既に何らかの金額の融資を受けられている場合には300万円から既に借りている金額を差し引いた額が融資可能となります。

既に200万円の融資を受けている場合には借り入れ上限である300万円から200万円を差し引いた100万円を借りる事が可能というわけです。

不動産担保融資ではこの貸金業法の適用外や例外として認められている場合があります。

適用外として不動産担保融資を受ける事が可能なケースとは不動産のリフォームやリフォームに伴う融資のためのつなぎ融資、不動産売却にも伴う入金までの貸付等が適用外として認められています。

しかし、この所謂総量規制の対象外であるかといった事は専門の知識を有したものが判断する以外には難しい為、実際に融資を受ける際に業者へ問い合わせを行うなどして確認する方が良いでしょう。

問い合わせ先として、参考までに私のおすすめの明治アセット株式会社を紹介しておきます。
不動産担保融資・不動産担保ローンの明治アセット株式会社

明治アセット株式会社ではメールでの問い合わせと共に、無料メール査定も行っていますからこうしたサービスを利用して不動産担保融資についての疑問を解消したり、大体どれくらいの融資が可能なのか確認してみるとよいでしょう。